大豆イソフラボン

リボン 低分子フィッシュコラーゲン「天使のララ」お試しセット 送料無料!

お肌ぷるぷる

  女優、タレント、メイクアップアーティスト御用達!
  ある朝、起きたら、ぷるるん♪リピーター続出です!
  実感が目に見える低分子フィッシュコラーゲン☆


大豆イソフラボン(Soy Isoflavones )の役割と特徴

大豆イソフラボン(Soy Isoflavones )は、大豆の胚芽部分に含まれる
ポリフェノールの一種です。体内で女性ホルモンのエス卜ロゲンと
似たはたらきをするため、植物性エストロゲンの一つとされています。

 

エストロゲンは、更年期に起こりやすい不定愁訴、たとえばイライラや
冷えのぼせ、肩こりなどといった症状を軽減するといわれています。

 

エストロゲンは、不足すると骨から力ルシウムが排出されやすくなる
など、骨の代謝にも深い関わりがあります。 更年期前後の女性の
場合、エストロゲンが不足しすることで、骨粗しょう症などになりやすい
のですが、これを防ぐには、イソフラボンの摂取を心がけるといいでしょう。

 

大豆イソフラボンは、ホルモンバランスが崩れがちな更年期の女性や
脂質の多い食生活を送っている人にとくにおすすめです。食欲を抑える
機能をアップさせるので、ダイエットにも役立ちます。 ただし、妊娠中や
授乳中の女性は、大豆イソフラボンの大量摂取は避けるようにしましょう。

 

最近では、高齢男性の前立腺がんが増加していますが、その原因
の一つとして、男性ホルモンの過剰な分泌ということがあります。
そこで、女性ホルモンに似たイソフラボンを摂取することが、予防に
つながるといわれています。

 

イソフラポン含有量の高い大豆や大豆製品を多くとっている日本人は、
欧米人に比べて前立腺がんの発症が少なくなっています。

大豆イソフラボンを多く含む食品

大豆、きなこ、豆腐、みそ、納豆、油揚げなど。

 

   豆腐、納豆