カカオマスポリフェノール

リボン 低分子フィッシュコラーゲン「天使のララ」お試しセット 送料無料!

お肌ぷるぷる

  女優、タレント、メイクアップアーティスト御用達!
  ある朝、起きたら、ぷるるん♪リピーター続出です!
  実感が目に見える低分子フィッシュコラーゲン☆


カカオマスポリフェノールの役割と特徴

カカオマスポリフェノールは、主にチョコレートや、ココアの原料となる
カカオ豆に含まれていて、動脈硬化やがんなどの原因となる、有害な
活性酸素の働きを抑制します。また、悪玉コレステロールの発生を防ぐ
作用があるため、血液をサラサラにして動脈硬化の予防に役立ちます。

 

ポリフェノール自体は、野菜、赤ワイン、緑茶などにも含まれてはいますが、
チョコレートがそれらより優れているのは、含有量と体内への吸収率です。

 

カカオマスポリフェノールは、二量体という2つくっついた分子構造のため、
ケタ違いに効果が大きく、少ない量で大きな効果が期待できるのです。

 

たとえば、赤ワイン100mlは、ポリフェノールを0.3g、緑茶100ml
では0.1gしか含んでいませんが、100gのチョコレートの場合は、
0.8gも含んでいるのです。

 

カカオマスポリフェノールには、これらの効果だけでなく、胃かいようや
胃がんとの関連が深い胃の中のピロリ菌や、生命にかかわる食中毒の
病原性大腸菌である、あの「Oー157」の増殖を抑えるというすぐれた
はたらきもあります。

 

その他にも虫歯の原因となっているミュータンス菌を抑制するため、
虫歯を予防したり、ストレスの解消やアレルギー症状を緩和する
などの効果があります。

 

カカオマスポリフェノールをチョコレートから摂取するなら、高カカオ
(70%以上)のブラックチョコレートを食べた方が効果的でしょう。
ホワイトチョコレートの中には、カカオマスポリフェノールをほとんど
含んでいないものもあるようです。

 

高カカオの高級ブラックチョコレートほど、カカオマスポリフェノールの
含有率は、高くなっているのです。