カプサイシンの特徴と作用

リボン 低分子フィッシュコラーゲン「天使のララ」お試しセット 送料無料!

お肌ぷるぷる

  女優、タレント、メイクアップアーティスト御用達!
  ある朝、起きたら、ぷるるん♪リピーター続出です!
  実感が目に見える低分子フィッシュコラーゲン☆


カプサイシンの役割と特徴

カプサイシン,サプリメント,唐辛子,ダイエット,体脂肪

カプサイシンというと、唐辛子を思い浮かべますよね。
いわゆる辛味成分の1つで、唐辛子の種の付近に
含まれています。

 

塩基性を示す天然由来の有機化合物の総称である、
アルカロイドのうちの、カプサイシノイドと呼ばれる
化合物の一種です。カプサイシンは無色の結晶で、カプサイシンの大きな特徴と
しては、アルコールには溶けやすいけれど冷水には溶けにくいということがあります。

 

体内に入ると、脳に運ばれ、内臓感覚神経にはたらきかけます。そして、中枢神経
を刺激することによって、副腎のアドレナリンの分泌を促します。すると、エネルギー
代謝が盛んになって、発汗作用が進み、体脂肪の分解をうながすというわけですね。
このような作用から肥満予防に効果を発揮し、ダイエットにもよく利用されています。

 

またカプサイシンには、痛覚神経を刺激し、局所刺激作用がありますが、これは、
メントールによる冷刺激と同じ作用と考えられています。その他にも、食欲を増進
することによって、抹消神経を刺激し、身体をぽかぽか温めるという作用があります。

 

身体が温まると血流が改善され、冷え性や肩こりの解消にもつながるんですね。
このような効能から、カプサイシンは医薬品として、既に臨床で用いられている
のですが、副作用として報告されているのは、塗布に使用した場合、湿布直後
に焼け付くような痛みがあるということです。

 

辛味が強いため、多量の摂取が難しいだけでなく、摂取後に消化管から血中へ
移行し、血圧を上昇させるなど様々な作用を引き起こすことが知られています。

 

カプサイシンがダイエットや冷え性、肩凝りなどにいいとわかっていても、唐辛子
だけで必要量を摂取することは、ちょっと無理があると思いますので、サプリメント
などでの摂取を考えるといいでしょう。ふつうは健康食品や、ダイエット食品として
使用されることが多いようです。