カルニチンの特徴とはたらき

リボン 低分子フィッシュコラーゲン「天使のララ」お試しセット 送料無料!

お肌ぷるぷる

  女優、タレント、メイクアップアーティスト御用達!
  ある朝、起きたら、ぷるるん♪リピーター続出です!
  実感が目に見える低分子フィッシュコラーゲン☆


カルニチンの役割と特徴

カルニチンは、アミノ酸の一種。生体の脂質代謝にかかわっていて、体内の
糖や脂肪を燃焼させる際に働くアミノ酸です。人は、加齢とともにからだの
中でのカルニチンの生産量はしだいに減っていきます。

 

すると、少しずつ筋肉が落ちていくため、脂肪が燃焼されにくくなり、体内に
蓄積されるようになってしまいます。その結果として、中年太りや内臓肥満
になるわけですね。

 

そのような状況を防ぐには、カルニチンの補給がポイントになってきます。
カルニチンが多く含まれているのがマグロなどの魚類や肉類。牛肉や豚肉にも
含まれてはいますが、肉類の中でも、特にマトンやラムなどの羊肉に含まれて
いるカルニチンの場合、牛肉の3倍、豚肉の9倍もあることが知られています。

 

羊肉を使ったジンギスカン料理も、健康にいい料理として注目されていますよね。
カルニチンのメリットとして最も有名なものは、有酸素運動を利用したダイエット
でしょう。肥満からひきおこされる生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

他にも筋肉痛や筋肉疲労を減らす作用もありますので、世界のトップクラスの
アスリートたちにも利用されているようです。その他、脳の働きを保ち、認知症を
防ぐ作用や狭心症、心不全などの症状を軽減させることが明らかになっています。

 

日本では、もともと医療現場での臨床薬ということで、強心剤や慢性胃炎の
治療薬として使われてきましたが、現在ではダイエット効果のあるアミノ酸で
あることから、大きな注目を浴びていて、日々研究も進んでいます。