カテキンの特徴と作用

リボン 低分子フィッシュコラーゲン「天使のララ」お試しセット 送料無料!

お肌ぷるぷる

  女優、タレント、メイクアップアーティスト御用達!
  ある朝、起きたら、ぷるるん♪リピーター続出です!
  実感が目に見える低分子フィッシュコラーゲン☆


カテキンの特徴と役割

カテキン,サプリメント,お茶,ポリフェノール,

カテキンとは、以前はタンニンといわれていたお茶にしか
含まれていない成分で、お茶の水溶性成分中、10%から
18%を占めています。お茶の中に最もたくさん含まれて
いる有効成分がカテキンというわけですね。ポリフェノール
の1種で、高い抗酸化力によって活性酸素の働きを抑える
抗酸化物質として知られています。

 

もともとは、お茶は薬用として飲まれて来たわけですが、
容易に栽培できることなどから、次第にアジアを中心に全世界に生産地が広がって
いき、現在では日本、中国はもとより、インドやスリランカなどでも栽培されています。

 

お茶に高い効能があることは、昔から知られていましたが、その作用のほとんどが、
カテキンによるものであるということが明らかになったのは、ここ10年位のことです。

 

カテキンの注目すべき働きは、抗酸化作用と呼ばれるものです。カテキンは摂取
された後でも体内の血液中に存続することで、抗酸化作用を充分に発揮します。

 

この他にも、体内のコレステロールのバランスを適度に保ったり、血糖値の上昇を
抑えるはたらきもあります。そのことから糖尿病の際に起こる、合併症を抑制する
効果も期待されています。お茶に抗がん作用や、殺菌作用があると言われるのも、
このカテキンのおかげなのです。

 

1日4杯以上、緑茶を飲む人は、飲まない人と比較すると、非常に健康であるという
検証結果があり、日本有数のお茶の名産地である静岡県の中でも、緑茶をたくさん
飲む地域の住人ほど、ガンによる死亡率が低い、とのデータも報告されています。

 

これは緑茶に含まれているカテキンが、強力な抗酸化物質だからこその結果といえ
るでしょう。カテキンは、緑茶のほかにも紅茶やウーロン茶などにも含まれています。