αリノレン酸の役割と特徴

リボン 低分子フィッシュコラーゲン「天使のララ」お試しセット 送料無料!

お肌ぷるぷる

  女優、タレント、メイクアップアーティスト御用達!
  ある朝、起きたら、ぷるるん♪リピーター続出です!
  実感が目に見える低分子フィッシュコラーゲン☆


αリノレン酸の役割と特徴

αリノレン酸は、不飽和脂肪酸で多くの植物油に含まれます。特に種油に豊富
に含まれており、中でもアブラナや大豆、クルミ、サルビア、アマ、アサで顕著に
見られます。

 

またαリノレン酸は、乾性油の中でも最も豊富な不飽和化合物であり、しそ油
やクルミ油、アマニ油として知られています。 また、αリノレン酸は、n-3系の
多価不飽和脂肪酸であり、人のからだで不可欠な必須脂肪酸となります。

 

このαリノレン酸から体内合成されたオメガ3系の脂肪酸は、最も不足して
いる脂肪酸とされていて、脂肪酸のバランスの悪さが多くの病気やアレルギー
を起こしているとも言われています。

 

空気中では酸化しやすいα−リノレン酸ですが、からだの中では活性酸素や
フリーラジカルを消滅させ、過酸化脂質を抑制する働きをしてくれるのです。

 

かつては必須脂肪酸は、ビタミンFとも呼ばれていましたが、現在はその呼び
名は使われていません。αリノレン酸は、アマニ油・しそ油などに多く含まれて
いて、特にアマニ油は畑のEPA、畑のDHAとも呼ばれています。

 

カロリーゼロなどの宣伝から、脂肪酸は身体に良くないといわれていますが
バランス良くとることで生理機能が高まり健康上のバランスが良くなります。
アルファリノレン酸の摂取は、エゴマ油やオリーブ油、しそ油などの食品でとるか、
馬油等にも多く含まれていますので、活用したいですね。

 

αリノレン酸を摂取した場合の効果としては、余分な油を分解して脂肪が
身体にたまりにくくする働きがあり、またアレルギーの抑制作用もあります。

 

また、必須脂肪酸のαリノール酸は、αリノレン酸と作用を抑制しあう関係
があり、互いの摂りすぎの悪影響を防ぐことになります。リノール酸などの
n-6系列の脂肪酸4に対して、n-3系列の脂肪酸1の割合が理想的と
されています。

 

⇒ 元気が出るえごま料理